トランプ大統領の壁建設関連銘柄 米国株 セメックスの株価が急上昇

アメリカ(米国)政治・社会・経済

トランプ米大統領の壁建設計画、最大の勝者はセメックスか

 

メキシコとの国境沿いに壁を建設する米トランプ政権の計画は、建設業者や建設資材メーカーの見通しを明るくしているが、最大の勝者は米州最大のセメントメーカーであるメキシコのセメックスかもしれない。

トランプ米大統領の壁建設計画、最大の勝者はセメックスか

– ブルームバーグ 2017/01/26

 

ブルームバーグによるとトランプ政権が道路や橋、トンネル、空港などのインフラ整備に最大5000億ドルを投じる計画もセメックスの米国事業への追い風となっているようだ。

 

セメックス Cemex S.A.B de C.V.、NYSE: CX

 

セメックスは、メキシコのモンテレイに本社を置くセメント会社。米国のセメント業が衰退に向かっていた1990年代に買収を繰り返し成長、1999年にニューヨーク証券取引所に上場する。

 

セメックスとラファージュホルシム(2015年、スイスのホルシムと仏ラファージュが経営統合、米国では未上場)の2社の独占市場となっている。

 

CX セメックスの株価チャート

 
CX セメックスの株価チャート

 

株価を見ても就任式手前(壁建設問題に対しトランプ大統領が具体的に提言し始めたあたり)から株価が上昇しているのがわかる。

 

国境の壁建設費用が1500億ドルに達すると予測したが、そのうちの5%はコンクリートが占めると試算されており、米国株では今注目の企業となっているようだ。

コメント