日銀、豪中銀と為替スワップ協定を締結

ニュース
スポンサーリンク

 

通貨スワップ協定は、「通貨交換協定」とも呼ばれ、国や地域が互いに外貨準備を活用して、主に米ドルなどの外貨を融通し合う取り決めのこと。

 

 

金融危機や通貨危機などに備え、各国政府や中央銀行が市場(マーケット)の安定に必要な資金を融通し合う仕組みで、予め決められた限度枠の範囲内で、相手国の要請に応じて通貨を交換するものである。