「 たぱぞうの米国株投資 」一覧

株ブログ「たぱぞうの米国株投資」様のRSSリスト。夢追い株ガイドでは個人投資家の方や株に関するニュースブログの中で株式投資の参考になるブログをご紹介。RSSリストへの追加・削除についてのご依頼は【追加・削除依頼】よりご連絡よろしくお願いいたします。

株ブログURL:http://www.americakabu.com/

夢追い株ガイド新着記事一覧

グラクソスミスクライン【GSK】は高配当、売上世界5位の英国製薬会社

グラクソスミスクライン【GSK】は高配当、売上世界5位の英国製薬会社

グラクソスミスクライン(GSK)の事業内容と歴史  他の製薬会社がそうであるように、GSKも合併を繰り返してきました。古いところは1715年...

記事を読む

米国ETFでポートフォリオを作る

米国ETFでポートフォリオを作る

ETFポートフォリオの考え方  個別株には以下のようなリスクがあります。決算リスク 事故リスク 訴訟リスク 大きく分けてこのようなリ...

記事を読む

ジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】はヘルスケア界最強の安定成長株

ジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】はヘルスケア界最強の安定成長株

ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)は世界最大のヘルスケア企業  ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)はアメリカ・ニュージャージー州に本...

記事を読む

フィリップモリス【PM】は高配当の米国タバコ銘柄

フィリップモリス【PM】は高配当の米国タバコ銘柄

フィリップモリス【PM】の事業内容と歴史  フィリップモリス(PM)は世界最大規模のタバコ会社です。アルトリアグループ(MO)の国際部門が2...

記事を読む

50代からの資産運用術

50代からの資産運用術

50代からの資産運用術  50代になると、定年が見えてきます。また、さらに15年後には年金支給開始年齢になります。つまり、一般的にはあと15...

記事を読む

S&Pコア10種に基づく米国株投資とは

S&Pコア10種に基づく米国株投資とは

S&Pコア10種とは  S&Pコア10種という投資手法があります。これはS&P100を対象とした投資方法です。ここで...

記事を読む

公務員の定年延長が意味すること

公務員の定年延長が意味すること

国と地方公務員の定年延長  公務員の定年が現行の60歳から65歳に引き上げられようとしています。早ければ2019年度から段階的に引き上げると...

記事を読む

スマートベータETFとは

スマートベータETFとは

スマートベータETFとは  指数連動のインデックス投資が投資の王道であることは疑いの余地はありません。それがバンガードの隆盛であり、SPYな...

記事を読む

トラッキングエラーと上場廃止

トラッキングエラーと上場廃止

トラッキングエラーとは  トラッキングエラーとは、連動先の指数(ベンチマーク)との乖離のことを言います。例えば、S&P500連動のE...

記事を読む

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド解約後の資産運用

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド解約後の資産運用

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとは  セゾン投信からバンガードの商品を中心に組み立てたバンガードバランスファンドという商品が...

記事を読む

GURUというヘッジファンド後追いETF

GURUというヘッジファンド後追いETF

GURUというヘッジファンドを参考にしたETF  今回はGURU・ETFというヘッジファンドの後追いETFについてのご質問をいただきました。...

記事を読む

SPDR S&P 500 ETF Trust(1557)を買う理由、買わない理由

SPDR S&P 500 ETF Trust(1557)を買う理由、買わない理由

SPDR S&P 500 ETF Trust(1557)という東証上場のETF  SPDR S&P 500 ETF Trus...

記事を読む

配当貴族インデックス投資ってどうなの?

配当貴族インデックス投資ってどうなの?

なぜだか多い、米国株と高配当戦略  米国株ブロガーの多くはなぜか私も含めて高配当戦略を採用していることが多く、考え方も似ています。元をたどる...

記事を読む

米国株、おすすめの証券会社ランキング

米国株、おすすめの証券会社ランキング

米国株取引のできる大手ネット証券会社  大手ネット証券は5社あります。口座数ごとに並べると、以下のような順位になります。1 SBI...

記事を読む

投資で夫婦けんかにならないために

投資で夫婦けんかにならないために

投資で夫婦けんかにならないために  投資のイメージが日本では必ずしもよくありません。投資と投機が一緒くたになっているのが日本の多くの人のイメ...

記事を読む