「 米国株 」一覧

夢追い株ガイド新着記事一覧

【悲報】日本経済、景気後退入りで終わりの始まりか

【悲報】日本経済、景気後退入りで終わりの始まりか

バフェット太郎です。内閣府が発表した景気先行指数は予想96.2に対して、結果95.9と予想を下回りました。これは2013年2月以来およそ6年...

記事を読む

英グラクソスミスクライン社を調査していたら、驚くべき二つの事実を発見した!!

英グラクソスミスクライン社を調査していたら、驚くべき二つの事実を発見した!!

自分が知識が足りなかっただけなのかもしれませんが、驚くべき事実二つをみつけました。ジョンソン&ジョンソンとかコカ・コーラ株を保有してると配当...

記事を読む

【朗報】FDA長官の辞任で米たばこ株にポジティブ・サプライズか

【朗報】FDA長官の辞任で米たばこ株にポジティブ・サプライズか

バフェット太郎です。FDA(米食品医薬品局)のスコット・ゴットリーブ長官が辞任することが決定したことで、米たばこ最大手のアルトリア・グループ...

記事を読む

iFreeS&P500とeMAXIS slim米国株式の比較と現状をさらっと解説します

iFreeS&P500とeMAXIS slim米国株式の比較と現状をさらっと解説します

iFreeS&P500とemaxis slimS&P500を簡単に比較してみます。  かつては低い信託報酬でS&P5...

記事を読む

強気相場の最終局面で積立投資する理由

強気相場の最終局面で積立投資する理由

バフェット太郎です。多くの投資家が配当再投資も積立投資も続かないのは、ついタイミングを見計らってしまうクセがあるからに他ありません。そもそも...

記事を読む

NO IMAGE

クラフト・ハインツの株価28%暴落でバフェットさん42億ドルの損失をどう解釈すべきか??

今日、バフェットさんに関する下記の記事を読みました。--------------------------------------------...

記事を読む

グロース株投資家の旅はいつか終わりを迎える

グロース株投資家の旅はいつか終わりを迎える

バフェット太郎です。コカ・コーラ(KO)やプロクター&ギャンブル(PG)などのディフェンシブ銘柄への投資を、シニア向けの投資だと勘違いしてい...

記事を読む

iシェアーズMSCIコクサイETF【TOK】は日本以外の先進国株式ETF

iシェアーズMSCIコクサイETF【TOK】は日本以外の先進国株式ETF

iシェアーズMSCIコクサイETF【TOK】で先進国株式を丸ごと買える  iシェアーズMSCIコクサイETF(TOK)は、MSCI KOKU...

記事を読む

パッシブ運用がさらに拡大しても、ファンドマネジャーが市場を出し抜けないワケ

パッシブ運用がさらに拡大しても、ファンドマネジャーが市場を出し抜けないワケ

バフェット太郎です。投資の世界では、長期的に見れば多くのファンドマネジャーが市場平均に勝つことができないことが知られているので、「個人投資家...

記事を読む

株価暴落の防衛策として、ポートフォリオ大幅変更!!

株価暴落の防衛策として、ポートフォリオ大幅変更!!

2019年3月5日現在の自分のポートフォリオです。去年の10月の株価大幅調整の時に資産がピーク時に比べて、

記事を読む

素晴らしい企業に投資するという投資戦略

素晴らしい企業に投資するという投資戦略

バフェット太郎です。投資会社バークシャー・ハザウェイ(BRK.B)を率いる著名投資家ウォーレン・バフェット氏は、長年「シケモク株」といわれる...

記事を読む

金融資産課税は格差解消に役立つのか

金融資産課税は格差解消に役立つのか

金融資産課税は格差解消に役立つのか  ウォーレン・バフェット氏が、富の再分配は必要で、富裕層への税の優遇は見直す部分があるという趣旨の発言を...

記事を読む

NO IMAGE

臆病な投資家のための投資戦略

バフェット太郎です。名著『市場リスク 暴落は必然か』を一文で要約すると「暴落は必然で回避不能であるため、投資家は暴落に慣れなければならない」...

記事を読む

ダウ平均が16年で20%下落しても運用を続ける力をくれる配当株!!

ダウ平均が16年で20%下落しても運用を続ける力をくれる配当株!!

アメリカ株式投資をやっていれば、良い時期もあるし、悪い時期もあります。2010年から2018年までは、ダウ平均が1万ドルから2万4000ドル...

記事を読む

庶民が知らない投資の本質

庶民が知らない投資の本質

バフェット太郎です。投資家の中には飲み会の席で「投資をやってる」なんて口を滑らせて場を凍らせた経験を持つ人も少なくないはず。これは多くの人に...

記事を読む