オバマケア法案撤回でトランプ大統領「屈辱的敗北」も市場は前向きか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6
スポンサーリンク
ブログランキング参加中!クリックして頂けたら注目をもう1本!



オバマケア見直し法案を撤回 トランプ政権に打撃

トランプ米政権は24日、同日予定していた医療保険制度改革法(オバマケア)の代替法案の下院本会議での採決を見送り、法案を撤回した。与党・共和党内に反対論が根強く、可決に必要な過半数の賛成を得るメドが立たなかった。廃止を選挙公約の柱に掲げていたトランプ政権への打撃は避けられず、求心力が低下する可能性がある。

オバマケア見直し法案を撤回 トランプ政権に打撃

– 日本経済新聞 2017/03/25

共和党内の反対論が多いというのがポイントで、今後トランプ政権に大きな影響があると見える。何もかも公約通りにはいかなくなってくるだろうな。

ニューヨーク・タイムズが相関図にしているのがわかりやすい。

The Health Care Bill Has Failed. Let the Finger Pointing Begin.

(オバマケア法案は失敗した。責任追及を始めよう。)

これはナンシー・ペロシ院内総務やクリントン元国務長官などが法案撤回を「勝利」と示した事で、アメリカの現状がよくわかる。

だが実際は為替の値動きを見る限り、あく抜け感もあり、税制改革など景気刺激策に政策の軸足が移るとの見方が浮上した円安が、今の日本市場にとってはメリットが大きいのかもしれない。

ドル円チャート

急に円安方向へシフトしているのがわかる。

これらの動きから来週の相場に少しは期待できる。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が一定文字以上含まれない投稿はご遠慮願います。