オバマ氏退任後の生活は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク
ブログランキング参加中!クリックして頂けたら注目をもう1本!



オバマ氏が退任、年金生活へ その待遇内容は?

現地時間の1月20日正午を持って退任した、2期8年を務め上げた第44代大統領のバラク・オバマ氏(55)は今後、連邦政府の定年退職者としての余生を過ごすことになる。

オバマ氏が退任、年金生活へ その待遇内容は?

– CNN 2017/01/21

アメリカABCテレビとワシントン・ポストが行った世論調査の結果によると、オバマ大統領の支持率は、去年11月の前回の調査から4ポイント上がって60%になり、就任から5か月後の2009年6月以来の高さを記録している。一方のトランプ大統領は、CNNと調査機関ORCによる最新の世論調査によると40%と低い数字だ。

オバマ氏にとって、外国首脳との最後の公式会談は日本の安倍首相であった。日米同盟の今後が日本国民全て気になるところかもしれないが、オバマ政権においてはケネディ駐日米大使のような存在が大きかったのも間違いない。広島訪問という実績を上げた事でも有名だ。

オバマ氏退任後、トランプ大統領は次々と政策を実行にうつし始めているが、オバマ氏も大統領退任後初のプロジェクトとなるオバマ財団の設立を発表。シカゴを拠点とするオバマ財団は「市民のためのワーキング・センター」となるようだ。

オバマ氏の日本訪問は今後も可能性があるかもしれない。トランプ大統領が内向的に進める程、外交を保とうとする人が現れると考えるのが自然だろうな。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が一定文字以上含まれない投稿はご遠慮願います。