トランプ第45代米大統領誕生「アメリカ・ファースト(米国第一主義)」を掲げ早くもTPP離脱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク
ブログランキング参加中!クリックして頂けたら注目をもう1本!



トランプ氏、大統領に就任 式典で宣誓「米第一主義に」

「不動産王」と呼ばれ、公職経験のない初の大統領が米国に誕生――。共和党のドナルド・トランプ氏(70)が20日正午(日本時間21日午前2時)、連邦議会議事堂前の就任式で第45代大統領に就任、トランプ時代の幕が開けた。就任演説では、国益を最優先する「米国第一主義」を掲げ、雇用創出や不法移民対策などを強調。排外主義的な発言などで「分断」が広がる中、どう米国を導くのか注目される。

トランプ氏、大統領に就任 式典で宣誓「米第一主義に」

– 朝日新聞 2017/01/21

この日から、アメリカ・ファースト(米国第一主義)になる。

米国益を最優先する考えを強調しており、今後は環太平洋経済連携協定(TPP)離脱、北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉についての具体的提言に注目される。

と書いている最中さっそくTPP離脱速報。

宣言通りで日本側の対応が今後どうなるか。日本は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の国内手続きを全て完了し、協定を法的に管理する「寄託国」ニュージーランドに通告。おそらくはTPP離脱を見越した動きであったのだろう。

そして2期8年大統領を務めたバラク・オバマ氏はワシントンを後にした。

ハフィントンポストにてオバマ大統領退任スピーチの全文が掲載されていたのでご紹介させて頂く。

2017012102

アメリカのオバマ大統領が1月10日、シカゴ・コンベンションセンターで行った退任演説は、およそ1時間に及ぶ異例の長時間スピーチとなった。
2期8年の成果を強調するだけでなく、建国以来アメリカが培ってきた民主主義の価値観を守り抜くことを若い世代に訴え、涙を見せながら家族に感謝する姿は、多くの人の心を揺さぶるものとなった。

「表に出よう。飛び込め。続けるんだ」これがオバマ大統領退任スピーチ全文だ

– ハフィントンポスト 2017/01/20

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『トランプ第45代米大統領誕生「アメリカ・ファースト(米国第一主義)」を掲げ早くもTPP離脱』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/01/21(土) 03:38:50 ID:9c75f8db7 返信

    もうTPP離脱ですかw早いですね~(;´・ω・)

  2. 名前:匿名 投稿日:2017/01/21(土) 03:40:30 ID:9c75f8db7 返信

    就任初日に政策発表ですか。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が一定文字以上含まれない投稿はご遠慮願います。