米マクドナルドが中国事業の経営権売却で事実上の中国撤退

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク
ブログランキング参加中!クリックして頂けたら注目をもう1本!



米マクドナルド、中国事業の経営権売却へ 約2400億円

米ファストフード大手マクドナルド(McDonald’s)は9日、中国本土および香港(Hong Kong)のフランチャイズ事業の経営権を、中国の金融グループ「中国中信集団(Citic Group)」と米大手投資ファンドのカーライル・グループ(Carlyle Group)に対し、最高20億8000万ドル(約2440億円)で売却する方針を発表した。

米マクドナルド、中国事業の経営権売却へ 約2400億円

– AFPBB News 2017/01/09

中国の南シナ海における侵略によって中国で活動する米国企業が影響を受けている事で、事実上の撤退。こういった企業は今後増えてくるだろう。そして日本企業は今後どういった対応をしていくかにも注目したい。

日本マクドナルドホールディングスは、超グラコロ効果で2016年12月の既存店売上高は前年同月比17.0%増加となったようだ。

MCD マクドナルドの株価チャート

MCD マクドナルドの株価チャート

2702 日本マクドナルドホールディングスの株価チャート

2702 日本マクドナルドホールディングスの株価チャート

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が一定文字以上含まれない投稿はご遠慮願います。