オバマ米大統領、プーチン大統領へ「サイバー攻撃をやめない場合、深刻な結果を伴う」と報復措置を警告していた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク
ブログランキング参加中!クリックして頂けたら注目をもう1本!



オバマ氏、プーチン氏に「報復」警告 サイバー攻撃で9月に

オバマ米大統領は16日、休暇前の定例記者会見で、ロシアのプーチン大統領と9月の20カ国・地域(G20)首脳会議で会った際に「米大統領選へのサイバー攻撃をやめない場合、深刻な結果を伴う」と報復措置を警告していたことを明らかにした。トランプ次期大統領には「選挙に外国の介入を受けないという懸念を共有してほしい」とクギを刺した。

オバマ氏、プーチン氏に「報復」警告 サイバー攻撃で9月に

– 日本経済新聞 2016/12/17

プーチン大統領は話題に事欠かないな。

問題となっているのは、「今回の大統領選では民主党陣営がサイバー攻撃を受け、幹部のメールが告発サイト「ウィキリークス」に流出。同党候補だったクリントン氏に不利に働いたとされる。」という点。

トランプ次期大統領を当選させるために動いたのではないかと指摘されているようだ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が一定文字以上含まれない投稿はご遠慮願います。