日ロ首脳会談 プーチン大統領の遅刻は意図的?安倍首相はどう出るか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク
ブログランキング参加中!クリックして頂けたら注目をもう1本!



プーチン大統領また遅刻=主導権狙い?常習-日ロ首脳会談

15日の日ロ首脳会談で、ロシアのプーチン大統領の特別機は当初予定より約2時間40分遅れて山口宇部空港に着陸した。大統領は今月2日にサンクトペテルブルクで行われた岸田文雄外相との会談にも約2時間遅れで臨んでおり、日本側が振り回される展開が続いている。

プーチン大統領また遅刻=主導権狙い?常習-日ロ首脳会談

– 時事通信 2016/12/15

プーチン大統領の遅刻が意図的と深読みする方も多い。だが、プーチン大統領の遅刻癖は今に始まった問題ではない事も事実。

プーチン大統領は常々、「自分は一番最後に来る人間だ」と発言おり、相手を待たせる立場にあるということを示して交渉を優位に進めようという狙いがあるようだ。

さて今回の会談だが、プーチン大統領は経済協力で成果を挙げたいという意図で、日本側はやはり北方領土問題の協議が狙いというすれ違いが生じているため、安倍首相の腕の見せ所ではあるんだが、もし安倍首相が「遅刻するなんてのはマスコミが騒いでるだけで想定内」として事を運んでいるのならまだ強気で見ていられるかもしれないな。

ツイッターやFacebookの更新も話題だが、暇つぶしだったのかもしれないが。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が一定文字以上含まれない投稿はご遠慮願います。