米大統領選 ヒラリー・クリントン氏はまだ諦めてはいなかった!選挙人投票で狙う逆転劇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク
ブログランキング参加中!クリックして頂けたら注目をもう1本!



くすぶる「トランプ降ろし」=選挙人投票で逆転狙う-米大統領選

米国で共和党の実業家トランプ氏の大統領就任を阻もうとする動きがくすぶっている。トランプ氏は8日に行われた大統領選の一般投票では勝利したものの、形式的には12月19日の選挙人投票で過半数270人の支持を得なければ、大統領には就任できないためだ。

くすぶる「トランプ降ろし」=選挙人投票で逆転狙う-米大統領選

– 時事通信 2016/11/26

万が一ヒラリーが逆転した場合、可能性として浮上するものがある。TPPだ。

もちろん彼女も反対の姿勢は見せていたが、大統領選を乗り切る際に雇用の確保に触れTPPに反対を明言することで、自身のこれまでのイメージを刷新し、票につなげる狙いがあった可能性が指摘されている。もともとヒラリーはオバマ政権が交渉を続けてきたTPPに関して「gold standard(黄金の基準)」という最大級の美辞麗句を用いて支持していた。もし逆転劇が本当に起きれば・・・

ただトランプ大統領の誕生を止められる見込みはほぼないと見る人がほとんど。ヒラリー氏の最後の悪あがきと見ている人がほとんどだろう。だから余計に逆転する事が本当にあった場合あらゆるところに影響が起こり得る事も頭の片隅に入れておかないといけない。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が一定文字以上含まれない投稿はご遠慮願います。