東京都議会の経済・港湾委員会による豊洲市場問題の審議で岸本良一中央卸売市場長「最終的には市場長が責任を負っていることは間違いない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク
ブログランキング参加中!クリックして頂けたら注目をもう1本!



市場長「最終責任負う」=豊洲問題を審議-都議会経済・港湾委

東京都議会の経済・港湾委員会で6日、豊洲市場(江東区)をめぐる一連の問題について審議が行われた。同市場を所管する岸本良一中央卸売市場長は、土壌汚染対策の盛り土が主要建物下で行われなかったことを陳謝した上で「最終的には市場長が責任を負っていることは間違いない」と述べた。都議会自民党の田中豪氏への答弁。

市場長「最終責任負う」=豊洲問題を審議-都議会経済・港湾委

– 時事通信 2016/10/06

豊洲市場の基本設計を行った日建設計は、豊洲市場プロポーザルの技術提案書に関する補足説明を発表しており、その中で「モニタリング空間については、基本設計の受託者に特定された後、業務期間中に東京都から「モニタリング空間を地下に設ける」よう指示を受け、設計に反映しました。」とコメントしている。

具体的に「誰が命じたか」が明確ではない今、石原氏にも矛先は向いている。もちろん責任問題の話もあるが「どう対処すべきか」という事に優先順位を変えるべきなのではないかと思うんだが。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が一定文字以上含まれない投稿はご遠慮願います。