米気象機関が台風14号をスーパー台風と発表。3連休日本列島への影響と台風関連銘柄は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク
ブログランキング参加中!クリックして頂けたら注目をもう1本!



台風14号は「スーパー台風」 米気象機関が発表

台風14号は一時、中心の気圧が890ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は60メートルと猛烈な勢力に発達し、アメリカの気象機関は「スーパー台風」だと発表しています。

台風14号は「スーパー台風」 米気象機関が発表

– NHKニュース 2016/09/14

スーパー台風とは

スーパー台風とは、風速70m/s以上の台風を指しているといった記事も多いが、少なくとも今回の報道によるアメリカの定義は風速60m/s以上を指しているようだ。

風速60m/s以上とは、外出は非常に危険で、屋外作業なども危険。多くの樹木が倒れ、自動販売機が倒れたり移動してしまう場合もあり、電柱や街灯も倒れ、ブロック壁が倒壊する恐れもある。走行中の車は横転する可能性が高く、木造住宅は倒壊の恐れもある。

非常に危険だという事に間違いはない。

台風14号は南シナ海から大陸方面へ進む見通しだが、沖縄の先島諸島は台風16号の影響も重なるため、15日にかけても高波に警戒が必要となる。14号に比べると16号が比較的弱い台風に感じてしまいがちだが、最大風速35m/sと十分強い台風であるから警戒が必要だ。

台風16号の各地への影響は

台風16号の各地への影響だが、tenki.jpによると、

沖縄では、16日(金)には暴風域を伴って、石垣島など先島諸島に接近の恐れ、先島諸島は大雨や暴風が吹き荒れ、大荒れの天気となる恐れがある。空の便などに影響がでる可能性があり、本島地方も16日(金)からは荒れた天気となるようだ。

西日本(九州~近畿)では、19日(月)の敬老の日に接近、上陸の恐れ。雨や風が強まり荒れた天気になる可能性があり、交通機関に影響のでる恐れがあり注意が必要。

東日本(東海、北陸、関東)では、この先も、本州付近には秋雨前線が停滞。台風周辺の湿った空気が入り、19日(月)の敬老の日頃は前線が活発化する可能性がある。台風の接近前から雨量が多くなる恐れがあり、注意が必要。20日(火)以降の台風の進路はまだはっきりしませんが、東日本でも影響を受ける恐れがあり、台風の動向に注意が必要。

台風関連銘柄

台風関連銘柄としては、防災関連などが主に中心となってしまうがよく言われるのは4825 ウェザーニューズ。台風が来るから株価が上がるというものおかしな話だがな。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が一定文字以上含まれない投稿はご遠慮願います。