財政改善目標とインフラ整備、1億総活躍プラン、高齢化など山積みの問題にどう向き合うか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク
ブログランキング参加中!クリックして頂けたら注目をもう1本!



焦点:17年度予算要求額、3年連続で100兆円突破 遠のく財政改善目標

アベノミクス5年目の成長と財政再建を目指す2017年度予算の概算要求額は、3年続きで100兆円を超す見通しとなり、財政健全化に一段の逆風が吹いている。

焦点:17年度予算要求額、3年連続で100兆円突破 遠のく財政改善目標

– ロイター 2016/08/31

基礎的財政赤字の改善というのが簡単な事ではないのはわかるが、高齢化に伴う医療、介護費の膨張というのは先々を想定していかないとこの高齢化社会に向き合いながら詰めていくのは厳しいのではないか。

安倍政権当初は「3本の矢」に対するインパクト戦略が功を奏した結果が株式市場としては見て取れるかもしれないがもうインパクト戦略は通用しないだろう。

しかし一見相変わらずの厳しさがわかる内容だが、見方ひとつ変えればいよいよ自分の身は自分で守る時代が来るのかとまで考えさせられる記事でもある。書き方の問題もあるだろう。そう簡単にデフォルトになる事はないと思うがな。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が一定文字以上含まれない投稿はご遠慮願います。