7974 任天堂 「ポケモンGO」ブーム到来で時価総額3兆円回復

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク
ブログランキング参加中!クリックして頂けたら注目をもう1本!



任天堂、時価総額3兆円回復 「ポケモンGO」ブーム

12日の東京株式市場で任天堂株が続伸し、午後1時半前に株価は一時前日比2785円(13.7%)高の2万3045円と年初来高値を更新した。時価総額はおよそ8カ月ぶりに3兆円の大台を回復し、直近の4営業日の上昇率は6割を超えた。6日に米国などで配信を始めたスマートフォン(スマホ)向けゲーム「ポケモンGO」がランキングでトップに立つなどブームとなり、投資家の人気に火をつけている。

任天堂、時価総額3兆円回復 「ポケモンGO」ブーム

– 日本経済新聞 2016/07/12

『Pokémon GO』は、公式サイトによると位置情報を活用することにより、現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルしたりするといった体験をすることのできるゲーム。

ニューヨークでの人気が株価に影響を与えているようだな、特に今日は、任天堂の売買代金が3088億円で東証1部全体(2兆7742億円)の9分の1を占めるなど、正に大暴れ。

「ポケモンGO」は7月7日の公開以降、ポケモンGOは米国のみで少なくとも750万ダウンロード(iOSとGoogle Playの値)を達成。1日あたりの売上はiOSだけで160万ドル(約1億6,000万円)に達していると見られている。また課金要素も盛り込まれている事で業績に与える影響も大きいと見れば、株価も大きく膨れ上がるものだ。

今現在、日本での公開は今週中を予定しているようだ。もちろん正式発表はまだであろうがな。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が一定文字以上含まれない投稿はご遠慮願います。