原油下落、円高で今週は株安ムードか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク
ブログランキング参加中!クリックして頂けたら注目をもう1本!



米株の先行き、企業収益と原油が鍵

英国政府は第2次世界大戦の直前、来るべき大戦でパニックが起こるのを防ぐため、「平静を保ち、普段の生活を続けよう(Keep Calm and Carry On)」という国民向け宣伝ポスターを作成した。英国の欧州連合(EU)離脱決定後のダウ工業株30種平均はまさにこのスローガンに従っているようだ。

米株の先行き、企業収益と原油が鍵

– WSJ日本版 2016/07/05

今日は原油相場の下落が止まらない。需要減退懸念が重しとなっているようだ。特に今後は中国などの指標が非常に重要になり、予想を下回るような事になると原油に限らず株価にも大きく影響する。

おおよそ指標となりやすいのは為替か原油の傾向が強いため、ここが崩れてしまうと株価にとっては打撃になる。

国内としては指標発表よりも10日に行われる参議院議員選挙投開票が重要イベントになるが、指標としては米雇用統計もあり、本来であれば相場も様子見ムードが広がりやすい時期のはずだが、為替も円高寄りに推移しており、原油も安定の下落を見せている為、今週の動きは慎重に見ていく必要がありそうだ。

しかしこんな動きの日はつい夜更かししてしまうな。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が一定文字以上含まれない投稿はご遠慮願います。