英EU離脱によるパニック相場とリーマンショックの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク
ブログランキング参加中!クリックして頂けたら注目をもう1本!



20160628

英国EU離脱ショックとリーマン・ショック、たった1つの大きな違い=久保田博幸

6月23日の英国の国民投票により、EUからの離脱が決まった。開票時間に市場が開いていた東京市場では、日経平均が1000円以上も下落し、ドル円は一時99円台まで下落するなど、ややパニック的な動きとなった。(一部引用)

簡潔に言うと金融危機か政治的危機の違い。

ただ今後気にかかるものとしてはイギリス離脱後のドイツへの影響だろう。ドイツ経済に大きな打撃を与える事が起きれば、(例えばドイツ銀行)そこで初めてリーマン級の下落が起きるかもしれない。今の相場が騰がらないのであれば更なる下落の可能性もあると言う事だ。

ただこれは最悪の場合。多くの専門家はドイツ経済への短期的な影響は大きくないと見ているようだ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が一定文字以上含まれない投稿はご遠慮願います。