明日からの注目株 (2016/10/13)東証JASDAQ銘柄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク
ブログランキング参加中!クリックして頂けたら注目をもう1本!



昨日注目株として書いた4800オリコンが全市場で10番目の売買代金という活況ぶりを見せた。この勢いはまだ継続すると見て4800オリコンを引き続きの注目株として掲載する。

【設立】1999.10
【上場】2000.11
【特色】音楽データベース老舗。Webサイト運営、モバイル向け音楽配信、各種ランキング情報を提供

明日からの注目株 (2016/10/12)東証JASDAQ銘柄

4800 オリコンはなぜここまでに活況となったか

もともとは昨日、7267 ホンダが埼玉県産業技術総合センターとの共同研究により、世界で初めてマグネシウムを使い、繰り返し充電できる2次電池の実用化にメドを付けたと伝わったことで、マグネシウム電池関連銘柄に物色資金が集中したことが大きな要因。

オリコンは連結子会社であるオリコン・エナジー社が、マグネシウム燃料に関する研究を行っており、マグネシウム電池関連製品の早期の製品化を目指す企業。また、マグネシウム電池に関する特許も出願しているなどもあり、マグネシウム電池関連銘柄として物色された。

他にも5216 倉元製作所や7995 日本バルカー工業などが活況であったが、本日は大幅下落。

出来高は2005年以来の商い。昨日からマグネシウム電池関連銘柄自体に資金が集中していた事もあるだろうが、分足チャートを見る限りまだ勢いがあるようにも見えるとしてもいつまでも続く相場ではないかもしれない事を念頭に。

いつの間にか手広く事業を行っていたオリコン

オリコンの創業者でもある小池聰行氏はテレビ番組にも出演しており、俺の世代なんかはみな知っているだろう。あくまで音楽エンターテインメントの世界で拡大していったのかと思いきや、太陽光発電事業を行うオリコン・エナジー社が連結子会社としてある。もちろん知ってはいたがマグネシウム燃料に関する研究を行っていた事は俺の知識不足だった。

オリコン・エナジーは、2014年にマグネシウム発電の研究者である東北大学名誉教授の小濱氏が設立したStoM社と資本業務提携契約を締結し、マグネシウム関連製品の早期の製品化を目指した取り組みを行っていたようで、今回のマグネシウム電池関連銘柄物色の対象となったようだ。

4800 オリコンの株価チャート

4800 オリコンの株価チャート

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が一定文字以上含まれない投稿はご遠慮願います。