2017年酉年関連銘柄一覧と2017年酉年の相場格言で来年の日経平均を予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク
ブログランキング参加中!クリックして頂けたら注目をもう1本!



2016120403

酉年関連銘柄一覧

酉年の酉は鶏の事を指している。その上でまず無難に目がいくのがこの辺りだろう。

1380 秋川牧園
1381 アクシーズ
3175 エーピーカンパニー
8043 スターゼン
2700 木徳神糧
6363 酉島製作所
9873 日本KFC

「鳥」や「トリ」などの当て字、また焼き鳥屋関連銘柄で見るとすれば、

2009 鳥越製粉
2685 アダストリア
2922 なとり
2675 ダイナック
3193 鳥貴族
3196 ホットランド
3397 トリドール
3680 ホットリンク
4369 トリケミカル研究所
4551 鳥居薬品
6338 タカトリ
6382 トリニティ工業
6788 日本トリム
7420 佐鳥電機
7472 鳥羽銀行
7611 ハイデイ日高
7918 ヴィアHD
8255 アクシアルリテイリング
8383 鳥取銀行
9633 東京テアトル
9843 ニトリ

最近話題の鳥インフルエンザ関連まで目を向けるとするならば、

3107 ダイワボウ
4585 UMNファーマ
6316 丸山製作所

この辺りだろう。

2017年酉年の相場格言は「騒ぐ」

干支の相場格言において2年続けて同じ格言となる場合がある。それが今に当たるわけだが、2017年の酉年も今年同様「騒ぐ」だ。

2016年の相場が騒いだかと振り返ってみると、年初からの暴落、EU離脱や大統領選における日経平均の値幅などからすると十分騒いだ年だったと言える。

相場格言に沿って考えるならば2017年酉年も十分に騒ぐ年になると考えられるだろうな。

2017年酉年の日経平均を予測

まず日経平均が大台2万円台へ再度乗せてくるか。多くの投資家は2万円台を超えてくると予想しているのではないだろうか。

先ほど書いた通りアメリカに限らずEUや中国、ロシアなど世界経済の情勢によって大きく変動しやすい相場となるのはほぼ間違いない。だが日本で言えばオリンピックへの準備やカジノの可決、TPPなど強引に推し進めてる事案が経済回復のきっかけとなり、更に今年話題となった多くのテーマによる個別株の上昇などから2万円台は射程圏内であるかと感じている。

そして2017年も波乱による警戒は怠らない方がいいかもしれない。
2016年の年初来安値は、2016年6月24日につけた14,864円01銭だが、調整が続けばこの位置に接近または下回る可能性も十分に考慮しないといけない。目安は2月、8月、11月だが、災害による下落は常に考慮すべきだ。

2016年の値幅は約4000円。ここ数年での値幅で言えば大きい方と言えるが、2013年の上昇に比べればそれほどでもない。月足チャートで見るとわかると思うがある移動平均線でなんとか保っているようにも見受けられる。ただ相変わらず上昇のきっかけは2017年も「円安」であれば上がる。に尽きるのかもしれない。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が一定文字以上含まれない投稿はご遠慮願います。