株初心者向け はじめての株式投資(基礎編)

beginner-step1

株初心者が、株に興味を持ち、これから始めようと考えている場合まず「株ってなに」から理解していかないといけない。そんなに難しい事じゃないから順を追って説明していこう。

スポンサーリンク

株とは?

企業が事業資金を調達するために発行する証券のこと。証券とは財産法上の権利・義務について記載をした紙である。

つまり「株を買う」と言う事は、企業が事業資金を調達するために発行した株券を買う事であり、株を買う事でその企業に対して資金提供をする事になる。企業に出資した事になるわけだな。

株の買い方

株の売買は、株を発行した企業から直接買うわけではなく、証券会社に注文を出し、証券会社に出された注文が証券取引所に取り次がれ売買が行われる。

どの企業の株でも買えるわけではなく、証券取引所に上場している企業が対象となるから、上場していない企業(非上場とも言う)の株は取引する事はできない。身内や知人が会社設立するからなどの時は話も変わってくるがな。

証券会社に注文を出すためには証券口座が必要になるわけだが、詳しくは「証券会社の選び方」でご紹介しよう。

株式市場とは?

個人投資家が行う株の取引は、主に証券会社を通して証券取引所で行われている。

今現在日本には、東京、名古屋、福岡、札幌と4つの証券取引所があり、更に企業の規模などによって市場がわかれている。

東京証券取引所(東証)

東証1部

日本の株取引の中で最も取引量が多い東証1部市場。
上場するには時価総額などに厳しい基準がある。

東証2部

1部に比べると上場するための条件も緩く、
時価総額も1部の半額となる20億円以上である。

ジャスダック

元々は大阪証券取引所が開設していた新興市場であったが、
大証は東証と統合されて廃止されたため、東証の新興市場として存在している。

マザーズ

東証の新興市場。上場基準が大幅に緩く、
新規参入企業などが比較的上場しやすいのが特徴である。

名古屋証券取引所(名証)

名証1部

名証2部

セントレックス

福岡証券取引所(福証)

札幌証券取引所(札証)

売買単位とは?

株は「単元株」という制度によって、銘柄ごとに1000株・100株・50株・1株といった最低の売買単位(単元株数)が決まっている。
※現在は2018年10月1日を移行期限として、投資家の利便性向上を目的として100株単位に統一するための取組みが進められている。

この制度から、投資家は決められた売買単位の中で投資する事になるわけだ。

例えば株価が100円、単元株数が100株の銘柄を購入する場合は、

100円×100株=10,000円

となり、最低でも1万円以上必要になるわけだ。

だが、ご安心あれ。

単元未満株という投資商品を扱っている証券会社もあるから、「どうしても少額から・・・」という方はそちらを試してみるといい。

株価の変動

株の値段は「需要と供給のバランス」だと考えればわかりやすい。買い手が増えれば値上がりしていき、売り手が増えれば値下がりしていく。

買い手が増えると言う事は、その企業に出資してもいいと考える投資家が増えると言う事。
反対に、売り手が増えると言う事は、出資をやめたいから売ってしまう投資家が増えると言う事。

出資してもいいと考える投資家が増える、と言う事はその企業にとって何かしらのプラス要因があると言う事だ。業績がいいとか、これから業績がよくなる可能性を秘めた事を行っているとかだな。

その反対とは、まぁ言うまでもないな。

しかし株価というのは、その企業が直接関係のない事でも変動する事が多い。それは日本の経済情勢、日本に限らず世界の情勢、金利や為替など理由は様々だ。それは誰にも正確に読み取る事が出来ない。業績がよくても日本で経済に大きな影響を及ぼす出来事があった場合に株価が下落してしまう事もある。株式投資を行うにはまずそれらのリスクがあるという事を理解しないといけない。

株の重要な指標とは?

銘柄毎に指標となる数字があるわけだが、簡潔に言うと業績や株価などを統計したものなどがあり、計算式なども存在する。株初心者からいきなりそれらを理解しようとするとはっきり言って挫折するから、ここで説明するのはそういった指標ではなく、一般にニュースでも耳にするような株式市場全体の中で重要な指標の説明をしておく。

日経平均

日経225とも呼ばれる代表的な指標・指数のひとつ。日本経済新聞社が、東京証券取引所第一部に上場する約1700銘柄の株式のうち225銘柄を制定し、その平均値を割り出したもの。ただ付与指数と言って株価のトータルを225銘柄で割っているのではなく、銘柄によってパーセンテージも異なるのが特徴。付与指数が高いとされるのは有名なところだとファーストリテーリングやソフトバンクだな。これらの株価変動は日経平均にも影響を与えやすい。

日経平均先物

将来の株価指数の動きを予想して投資するのが株価指数先物取引となる。日経平均とほぼ同じ動きをしており、取引も可能。先物の取引は株の取引とはまた話も違ってくるのでここでの紹介は控えさせて頂くが、先物主導で日経平均が上下する場合も非常に多く、こちらの動きも非常に重要である。

為替

耳なじみな言葉だが、ドル円・ユーロ円の値動き(レート)の事だな。
通貨の変動も重要で、一般に円安になれば株価が上がりやすく、円高になれば株価が下がりやすいと言われている。今の段階ではそれだけ頭に入れておけば十分だろう。

他にも色々な指数が存在するが、最初から全てを理解するには苦労するに違いないから、最低この3点だけ抑えておいて、少しずつ覚えていけばいいと思う。

最後に

ここまでわかればいよいよ株取引のやり方は何となくでも理解できたかと思う。

投資はリスクを伴う事を十分に理解した上で、証券口座を開設し、投資資金を投入したらいよいよ株式投資のはじまりだ。

次では、実践編として、銘柄の選び方などをご紹介していく。

株初心者向け はじめての株式投資(実践編)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加