株初心者は低位株を狙え!少額で投資できて大きな利幅も狙える低位株の魅力とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

株初心者でも投資がしやすい手段でもある「低位株を狙った少額投資」は、特に株価が上昇しやすい事から多くの個人投資家・デイトレーダーも日頃注目している。そんな低位株の魅力について説明していく。

スポンサーリンク

低位株とは?

低位株は具体的定義・基準は存在しない。がしかし一般的には株価が500円~300円以下の銘柄を指す。また100円を下回る株価の銘柄は「超低位株」「ボロ株」などと呼ばれる場合もある。低位株は変動率が高く、個人投資家・デイトレーダーなどに好まれやすい。話題になりやすい銘柄の種類のひとつだ。

また株価が低い=業績が思わしくない企業も多く、昔から仕手筋により買われては株価が上昇する、いわゆる「仕手株」となる事が多い。

低位株は少額で投資できる

単元が1000のものももちろんあるが、全国証券取引所より、100株単位への移行期限について「2018年10月1日」に決定する旨公表され、事実上2018年より全ての銘柄が単元100となる事でよりわかりやすく低位株を探せるようになる。

単元100で株価が500円以下の銘柄であれば、500円×100=5万円で株式を買う事ができる(証券会社手数料は除く)。株初心者のような少額資金で運用したい投資家には正にうってつけなのだな。

低位株は株価が何倍にもなる魅力がある

株価100円の銘柄が1000円になる話は非現実的、といったわけではなく実際に起こりうる話だ。
現に毎年のように低位株の株価倍増銘柄が出てきている。そこに低位株の魅力を感じる投資家も多く、出来高もそれなりに膨らんでいき値動きが激しくなる場合もあるが、買い板、売り板共に多くの売買が殺到する事で1日辺りの変動がそう激しくない銘柄もある。

特に低位株はその株価の低さから、倍増する事がある場合極めて短期間で達成される事が多いのも魅力のひとつ。投資家もそこに夢を見ているわけだ。

低位株の探し方

低位株を狙う個人投資家・デイトレーダーは既に低位株を探す己の手段を持っているものだが、株初心者の場合は、何を基準に判断すればいいのか難しいところだろう。スクリーニング(銘柄探し)を行うコツは、値上がり率ランキングや出来高上位ランキングにいる500~300円以下の銘柄に絞るといいだろう。

その中でなるべく買い板の方が株数のある銘柄などが好ましいかもしれない。

値上がり率ランキングや出来高上位ランキングはYahoo!ファイナンスの株式ランキングで見る事ができる。

Yahoo!ファイナンス 株式ランキング

株初心者向け はじめての株式投資(基礎編)
株初心者向け はじめての株式投資(実践編)

株初心者の中で始めたばかりの投資家はこちらも是非読んでみてほしい。

始めたばかりの投資家向け(銘柄選び実践編)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加